マヌカハニーの賞味期限はいつ切れる?開封前と開封後について

マヌカハニーの賞味期限は半永久的?

 

ハチミツよりもはるかに強い抗菌力のマヌカハニーは、ピロリ菌を始めとした胃腸疾患を招く菌や、虫歯の原因となる菌など、悪い菌をやっつけるメチルグリオキサールという強力な抗菌成分を含むことで話題になっています。

 

誰だって健康でありたい気持ちは一緒なので、マヌカハニーの人気は理解できるのですが、生産量が少ないので品切れしているお店も多いんですよね。

 

どんな健康食品でもそうですが、マヌカハニーも長期間続ける方が効果的なので、買える時にまとめ買いしたり、キャンペーンで安いときに複数注文したりする人が多いのも仕方ないと思います。

 

ただ、高純度のマヌカハニーは、そのほとんどが非加熱処理で製造されていて、長期間の保存となると賞味期限切れに不安を感じる人も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ちなみに、マヌカハニー本来の抗菌力が保証されているのは、ニュージーランド政府が定めたガイドラインで検査を行った分析証添付の製品だけになります。

 

なのでこのページでは、分析証書が添付されるニュージーランド産マヌカハニーについて、賞味期限の詳細や保存方法を端的に分かりやすく解説していきます。

 

 

マヌカハニーに賞味期限切れはない?

マヌカハニーの賞味期限

 

ネットの情報サイトなんかを見ていると、「マヌカハニーは腐ることが無いので賞味期限は半永久的だ」なんて話もありますが、実際には賞味期限が定められています。

 

ニュージーランド産マヌカハニーの賞味期限は2年〜4年と記載しているものもあれば、4年以上持つと表記している製品もあるようです。

 

特に高純度で糖度が80%を超えるマヌカハニーは、法律上賞味期限を設けているだけで半永久的に変質しない特性を持っていると公に謳っているメーカーもあるので、賞味期限切れという概念はなく、半永久的に美味しく食べられるなんて話も飛び交うわけですね。

 

メーカーや個々の製品によって違いはありますが、人工添加物や特別な加工を行っていないにも関わらず、これだけ賞味期限が切れるまで長いのは驚きかもしれませんね。

 

では、製品ごとにニュージーランド産マヌカハニーの賞味期限を確認したい場合は、どこを見ればよいのでしょうか?

 

 

マヌカハニーの賞味期限を確認する方法

マヌカハニーの賞味期限を確認する方法

 

ビュージーランド産マヌカハニーの賞味期限を確認するのは簡単で、容器に貼ってあるラベルに記載されています。賞味期限を示す記号は、「B.B」もしくは「Best Before」という項目で、その後に賞味期限とする年月が日本の表示とは逆から記載されています。

 

例えば、「Best Before 20/8/2024」とか「B.B 20/8/2024」といった要領で記載されていれば、2024年11月20日が賞味期限となるわけです。2020年の3月に購入したとしたら、4年以上の賞味期限が保証されていることになります。

 

メーカーによっては「Best Before Mar 2024」「Best Before Aug 2024」とか、何月なのかを英語表記しているものもありますが、要するにMarchは3月、Augustは8月といった具合なのでそんなに難しくありません。。

 

また、賞味期限と聞けば「美味しく食べられる期間を保証する表示」という認識があると思いますが、マヌカハニーのメーカーによっては、含まれる抗菌成分(メチルグリオキサール)量が一定量を維持できる期限として表示している場合もあるそうです。

 

つまり、MGO(メチルグリオキサール含有量)が、MGO550+(UMF16+程度)であった場合、賞味期限までは含有量550mgを下回らないと保証しているケースあるということです。

 

海外製品なので、国産品とは多少異なる表記の仕方になっていますが、知ってしまえば簡単に確認できると思います。

 

 

開封した後の賞味期限

 

製品やメーカーによっては、開封前も開封後も賞味期限に変わりはないとしているものも多いようです。

 

ですが、フタの締め方が悪かったり、空気中の水分を吸ったりして保存環境を損なう可能性も高いので、やはり開封後は賞味期限が短くなると思っておいた方が良いんじゃないでしょうか。

 

 

賞味期限を過ぎたら

 

高純度のマヌカハニーは糖分濃度が80%以上に引き上げられているので、半永久的に変質しないと公表されており、基本的には全然大丈夫です。

 

ただ、色々調べていると、開封後4年以上経過したマヌカハニーは色見が黒く変色し、風味も損なわれているといったレビューも見受けられたので、保存方法にもよると思いますが、やはり開封後は半永久的ではないと思っておいた方が無難でしょう。

 

 

マヌカハニーの保存方法

床下収納庫

 

製品にもよりますが、直射日光を避ければほとんどのものが常温保存が可能です。ただ、40℃までの低温加熱処理を行っている製品もあるので、その場合は冷暗所での保存が推奨されています。

 

高温多湿を避けることも大切で、床下の収納庫や直射日光の当らない戸棚などに保管しておくと良いでしょう。

 

冷蔵庫

 

冷蔵庫に入れておくのが安心なイメージがあるかもしれませんが、糖度の高いマヌカハニーは結晶化して硬くなってしまいます。

 

まあ、成分に影響はありませんが、とろみが無くなるということだけは覚えておいたほうが良いでしょうし、開封後であれば、冷蔵庫から出して温度が上がると容器内に結露が発生し、劣化が生じる可能性があります。

 

 

ニュージーランド産のマヌカハニーが腐りにくい理由

ニュージーランド旗

 

高品質のマヌカハニーは、法律の都合上賞味期限を設定していますが、あるメーカー曰く中身は半永久的に変質しないと公表しています。

 

もちろん、置かれた環境や製品個々によってバラツキはあるでしょうが、非常に腐りにくい食品であることは間違いないでしょう。

 

では、マヌカハニーが腐りにくい理由を、エビデンスに基づいて解説していきます。

 

 

1、強力な抗菌成分

 

マヌカハニーは強力な抗菌パワーで有名になったハチミツです。ピロリ菌をも殺菌してくれる高レベルの抗菌成分がたっぷりと含まれているので、雑菌が繁殖するようなことがありません。

 

 

2、糖度の高さ

 

糖度が80%にも達する製品も多いマヌカハニーは、バクテリアの繁殖を許しません。また、高い糖度は水分を吸収するので細菌が混入しても生きていけず死滅してしまうわけです。

 

 

3、水分の少なさ

 

マヌカハニーって、ハチミツと比べてもとろみがあって水分が極端に少ないですよね。上記と少し被る内容ですが、細菌が繁殖するためには水分が必要です。つまり、水分が少ないマヌカハニーは細菌が生きにくい環境となります。

 

 

4、遮光性の容器

 

信頼できるニュージーランド産のマヌカハニーって、全て黒いビンに入って売られていますよね。抗菌力の強さが前面に出ている印象のマヌカハニーですが、ビタミン・ミネラル・酵素などといった栄養成分も豊富に含まれます。

 

これらの栄養成分は光に弱い性質があるため、マヌカハニーは黒い遮光性のボトルを採用しています。この遮光性ボトルによって保存性能が上がっていることも間違いないでしょう。

 

 

まとめ

ストロングマヌカハニー

出典:マヌカハニーおすすめ店ランキング

 

マヌカハニーの賞味期限や保存方法について解説させて頂きましたけど、一定レベルのエビデンスに基づいたものなので、ある程度は信頼して頂いて大丈夫だと思います。

 

賞味期限が長いことや、保存本法にそこまで気を使わないで良いことにもしっかりとした理由があるのもご理解いただけたと思うので、安心して続けていける食品だと思います。

 

ただ、医療機関でも使われるほどの強い抗菌力は、世界的な需要を呼び起こし、マヌカハニーというブランドは、類似品や偽物といった粗悪品を生み出す結果をも招いてしまいました。

 

このため、原産地であるニュージーランドでは、行政府が関与して抗菌成分を検査し、成分分析書を発行することで、本物のマヌカハニーであることを保証する仕組みを作りました。

 

マヌカハニーを買うのであれば、粗悪品ではなく、本物であるという保証の付いた製品を選ぶことが大事です。

 

こちらに、ニュージーランド政府が認めたマヌカハニーで、とくにおすすめなTCNマヌカハニーについてをまとめました。マヌカハニーの基礎知識についても端的に解説しているので、是非ご覧になってみて下さい。

 

こちらから

▽ ▽ ▽

TCNのマヌカハニーについて