マヌカハニーで喉の痛みを緩和する|おすすめの食べ方や飲み方

マヌカハニーで喉の痛みを緩和する

 

ニュージーランド原産のはちみつで、特別な抗菌成分を含んでいると人気のマヌカハニーですが、喉の痛みやイガイガといった症状を緩和する効果もあると言われています。

 

こちらのページでは、なぜマヌカハニーで喉の痛みを和らげることが出来るのか、また、喉の痛みやイガイガを感じた場合におすすめな、マヌカハニーの食べ方や飲み方について分かりやすくご紹介します。

 

その前にまず、喉の痛みの原因についても端的に解説するので、マヌカハニーが喉の痛みに効くと言われている理由が、より理解しやすくなると思います。

 

 

喉(のど)が痛くなる、イガイガするなどの原因について

喉の構造図解

 

ひとくちに「喉の痛み」と言っても原因は様々です。医学系サイトなどを見ても素人では難しい用語ばかりで私自身も簡単に理解できないので、ここではなるべく分かりやすくご紹介していきます。

 

その前にまず、喉の構造と役割をを大まかに説明しておきます。

 

【喉の構造】
喉というのは鼻のから声帯がある気管入口までの空気の通り道と、口から食道までの飲食物の通り道の総称になります。

 

喉は咽頭(いんとう)と喉頭(こうとう)に分かれていて、鼻の奥から食道の入り口までの部分が咽頭、喉仏(のどぼとけ)に当たる部分が喉頭になります。

 

そして、喉の入口両側に扁桃(へんとう)があります。

 

【喉の役割】
口と鼻と喉は繋がっていて、食べ物や飲み物を飲み込む、呼吸をする、声を出すといった、人が生きていくうえで非常に重要な3つの役割があります。

 

また、喉の内壁には吸い込んだ異物を粘膜に吸着させて、繊毛運動で異物を外に押し出そうとする感染などへの防御機能が備わっています。

 

それでも喉が痛くなったりイガイガするなど、喉の不具合は放っておくと生命活動に支障をきたす場合も出てくることがご理解いただけるかと思います。

 

次は、喉の痛みやイガイガの主な原因についてご紹介します。

 

 

1、炎症が起きて神経を刺激する

 

喉の防御機能については先にお伝えしましたが、花粉や埃にさらされ続けたり、長期にわたる喫煙や飲酒、カラオケなど声の出し過ぎなどにより喉を酷使したことが原因で炎症を起こすことがあります。

 

空気の乾燥が原因で繊毛運動に必要な水分が不足し、炎症を起す場合もあります。炎症によって神経が刺激されると痛みが発生し、イガイガした感じがする原因となるわけです。

 

 

2、感染症による痛み

 

1のように喉を酷使したり、飲酒や喫煙が原因でない場合、ウイルスや細菌による感染症がのどの炎症を引き起こす感染症が原因と考えられます。

 

口や鼻と繋がる喉は、外気と触れるため病原体が入り込みやすく、感染症を引き起こす最前線だと言えます。

 

咽頭部位が炎症を起こすと咽頭炎、喉頭が炎症を起こしている場合は喉頭炎、また、扁桃腺が炎症を起こして腫れることを扁桃炎といいます。

 

原因となる細菌やウィルスは、風邪やインフルエンザ、子供に多いとされる溶連菌感染症など、様々なものがあります。

 

 

マヌカハニーで喉の痛みを緩和できる理由

マヌカハニーで喉の痛みを緩和

 

さて、それではなぜマヌカハニーが喉の痛みやイガイガを緩和できるのでしょうか。

 

まず、マヌカハニーには炎症を抑えるシリング酸メチルという抗炎症成分が含まれていることや、メチルグリオキサールという胃酸などでも無効化されない強力な抗菌物質の殺菌効果が挙げられます。

 

この辺りのエビデンスは結構しっかりしていて、マヌカハニーの父とも言われるニュージーランドの生物学者ピーター・モラン博士をはじめ、多くの研究者によって論文が発表されているので、科学的な根拠として広く受け入れられてるようです。

 

つまり、喉の痛みの原因である炎症を抑え、細菌やウィルスへの殺菌作用があることで、喉の痛みやイガイガを緩和させる効果が期待できると言われているわけです。

 

マヌカハニーの抗菌成分や抗炎症成分は、虫歯口内炎にも効果があるとのことで、それらを検証した実験も行われ、実際にいくつもの論文が発表されています。

 

また、悪玉菌を殺菌し、善玉菌を増やす手助けができるマヌカハニーは、免疫力が高まるのサポートをしてくれる側面があるとのことで、2016年の日本農芸化学会で発表され、金賞を取った山村国際高等学校生物部の生態実験ではその可能性が証明されています。

 

(参考:https://katosei.jsbba.or.jp/view_html.php?aid=724)

 

つまり、マヌカハニーは喉の痛みの原因である炎症を抑える抗炎症作用や殺菌効果、さらには感染症に対抗する免疫力を高められる可能性があるということになるわけです。

 

 

喉が痛いときのマヌカハニーの食べ方

 

次はいよいよ、喉の痛みやイガイガを感じた時のマヌカハニーの食べ方についてご紹介していきます。

 

マヌカハニーはあくまでも普通の食品という位置づけなので、決まった用法や容量はありません。ただ、基本的に喉の炎症を緩和させることが一番の目的になるので、そのあたりを考慮した食べ方になります。

 

 

1、空腹時にそのままスプーン小さじ1杯〜3杯
マヌカハニー

 

通常時でもそうですが、一番おすすめな食べ方は食前30分前など、空腹時にそのまま食べることを推奨しているメーカーや情報サイトが多いです。

 

これに付け加えるとすると、口に含んだマヌカハニーを直ぐに飲み込まず、30秒以上口内で留めるように味わってから飲み込むようにすると効果的でしょう。

 

また、直ぐに水で口をゆすいだりせず、なるべく長く抗菌成分や抗炎症成分が留まるように気を配ると良いと思います。

 

 

2、ミルクやぬるま湯に小さじ一杯〜3杯をませて飲む
牛乳

 

マヌカハニーをそのまま食べることが苦手な場合の飲み方としては、牛乳やぬるま湯に1杯〜3杯程度のマヌカハニーを混ぜると飲みやすくなります。

 

この時も口の中に30秒以上留めるようにして、飲み込んだ後も口をゆすがないようにするのがポイントです。

 

牛乳やぬるま湯以外でも良いですが、注意しておかないといけないのは、飲み物の温度です。

 

マヌカハニーの抗菌成分は熱に強いので問題ありませんが、60℃を超えるとマヌカハニーに含まれるビタミンやミネラルといった栄養素が壊れてしまうので、熱い飲み物と混ぜる場合はなるべく冷ましてからのほうがおすすめです。

 

 

最後に

マヌカハニー

 

喉の痛みをマヌカハニーで緩和できる理由や食べ方について簡単にご紹介しましたので、なぜマヌカハニーが喉の痛みに効果があるか、喉が痛いときにはどのような食べ方が良いのかなどについてはご理解いただけたかと思います。

 

一般的な健康食品などよりもエビデンスが多く、世界的にも注目が集まっているマヌカハニーですので、喉の痛みだけでなく毎日の健康維持にもおすすめです。

 

ただ、喉の痛みやイガイガなどが続く場合には、お医者さんで診てもらうのが一番ですので、マヌカハニーだけに頼ることの無いようにしましょう。

 

あくまでも、風邪を引いた時の生姜湯や喉が痛いときののど飴などよりは、もう少し効くでしょ?的な感じで試すことをおすすめします。

 

あと、話題になっているマヌカハニーの抗菌力ですが、抗菌力が無い偽物や、本物でも抗菌成分があまり入ってないものが多く販売されていますので、購入する時はニュージーランド政府公認の本物を見分けるようにして下さい。

 

こちらに信頼できるメーカーの専門店TCNについてまとめています。

▽ ▽ ▽